お問い合わせはコチラ
工場見学 MIE PARTS Hanbai eco Village 低コストカーリース

Reduce 私たちの想い

限りある資源と限りない使命

回収業を営むなかで、廃棄物の多さに驚き、大量消費社会に疑問を持ったのがはじまり。
廃棄物のなかにある使えるものをリサイクルしてよみがえらせることで、ゴミを減らし循環型の社会に。

画像

鈴鹿市で昭和42年(1967年)に創業した三重パーツ。当時は、古紙・古鉄の回収が主な事業でした。高度経済成長の波にのり日本全体が活気づき、物があふれ、使い捨てが当たり前になりました。それは一見すると日本が豊かになった証のようでした。しかし、創業者(現代表取締役)の齊藤貢は、まだ使えるものもある廃棄物の多さに驚き“もったいない”と考えるようになりました。「ゴミを減らし、環境保全に貢献したい」と強く思うようになり、昭和50年(1975年)に、自動車解体、自動車中古部品販売を開始。本格的に自動車のリサイクル、再資源化に向けて舵をとりました。
現在、三重パーツは、自動車リサイクル産業の分野で県下トップクラスの水準、規模に成長。やっかいなゴミとして処理されてきた車を、まだ使える部品を取り出しリサイクルパーツとしてよみがえらせ(Reuse リユース)、素材別に徹底的に分類することで再資源化(Recycle リサイクル)し、すべての工程でできるだけ廃棄物を出さない(Reduce 抑制)というリサイクルの3Rを事業化しました。そして、カーユーザーにとっての真の利益である低コストなカーライフを身近なものにしてきました。

得る人も買う人もエコロジー

自動車の廃車処理を考えたとき、リサイクル業者に売るという選択肢があることを思い出してください。その瞬間から、車はゴミから資源に生まれ変わります。知ることがエコロジーに繋がり、持続可能な生活を実践していただくことになります。

想いを大切に届けるために

数年間の現場経験を経た知識豊富なスタッフが取引先を訪問、車輌を確認して買い取り額の査定をしています。「三重パーツに任せたい」そんなお客さまの“期待以上”が、私たちの目指すところです。
また、商品の厳しい検品や美化、梱包にもこだわりがあります。水洗いできるパーツはすべて手作業で洗浄。梱包に必要な緩衝材には取引先などの協力を得て回収した使用済みの段ボールも活用し、資源を大切にしています。愛車を託していただいた責任を胸に、誠意を持ってすべての工程に取り組んでいます。

画像

Copyrights © 2014 MIE PARTS All Rights Reserved.